野良コピーライターの過信

コピーのコンペで勝ちまくりたい。

1200字に力の抜きどころなんてあるの?

おばんです。

またクロスバイクのライトが盗まれました...。今回も家に停めていたところでやられました。前回はライトのベルトごと持ってかれたけど、今回はライト部分だけだったので多分同一犯です。でっかく名前とか描いておいたほうがいいのかな。

 

前回からだいぶ時間があいてしまいました。

 

torv.hatenablog.com

*1

 

3月って全然コンペないのな。ちょうど忙しい時期だったから助かった(?)けど…。

 

料理の思い出≒母親の弁当の思い出?

 

今回のコンペはこちら↓

第8回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」エッセーコンテスト受賞者作品発表: YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

ナメた解釈をすれば、「主催であるキッコーマンの商品でつくれそうな料理にタッチしつつ、思い出を語る」ことが求められているようです。ひたすら料理うめぇうめぇ言っても評価されなさそうですし、文章における、料理と思い出の比率は2:8ぐらいでしょうかね。

 

しかし1200字…。ボディコピーでもそんな長文書いたことないぞ…。

 

ありがたいことにHPで過去の受賞作品が見られるので見てみると、

「母親のお弁当」

「母親の得意料理」

「祖母の思い出」

といった、母親系列のテーマがずらっと並びます。たまに父親も。手作りの味が思い出になるのはごく自然なことですから、必然的ですね。自分も、高校時代に母親が弁当によく入れてくれた甘めの卵焼きが大好きですし、思い出の味です。

 

しかし!

僕はひねくれ者です!みんなと同じテーマで闘ってたまるか精神がはたらきます!というわけでさっそく分析です。

 

複数テーマを敷くことでエピソードを一般化

 

まずは受賞作品の流れを疑ってみます。

 

  • 母親や祖母以外で、食に関する思い出を共有する人(恋人・配偶者以外で)はいないのか?
  • 登場する料理は手作りじゃないといけないのか?
  • 身近な人とのエピソード、その先はないのか?

 

このあたりの答えを出して差別化を図っていけたらなあと思っていたら、受賞作品で素晴らしいお話がありました。

 

第7回「あなたの『おいしい記憶』をおしえてください。」エッセーコンテスト受賞者作品発表: YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

お題のおいしい記憶に応えつつ、「(国際)結婚における不安」が描かれており、そりゃ読売新聞賞だわと拍手喝采のエッセイですね〜。お手本です。どうしても個人の話は内輪で終始してしまうので、より多くの人に共感や感動してもらうためには、一般的なサブテーマを設けなければいけません。

 

というわけで、次の設定で臨みました。

 

  • 料理は会社近くの麺系
  • サブテーマ1は男同士の友情
  • サブテーマ2は働くことの楽しさ
  • 全パラグラフの冒頭にキャッチコピーっぽいのをぶちこむ

 

以上。投稿作品は割愛で。恥ずかしいから。

 

がんばれ速達

 

今回はちょっと雑に終わらせます。なぜなら締め切り当日に、「郵送にて受付」の文字を見つけ、絶望感とともに発送したから…。速達で送ったけど多分、間に合ってないんだろうなあ。締切にルーズな事務所であることを願うばかりです。

 

徐々に公募が増えてきたので、また頑張ります。

*1:※あえなく撃沈しました。ハレザ池袋になったそうです。僕の提案には舞台要素がなかったので、「座」の入っているハレザが妥当ですね。悔しい。