野良コピーライターの過信

コピーのコンペで勝ちまくりたい。

3年間

おばんです。

たまには本業のことでも。

今回も予告ホームラン形式なので,ドヤ感強めですが,お付き合いいただければ。

 

本日,某シリーズの10min.,20min.が発売されましたので,実売の結果が出る前に言いたいことを言います。言い訳にしない,成功したからデカい顔しない。この理論です。

 

僕の掛け値

 

出版社の入社時から「編集力×何か」ということを考え続けて生きてきました。偉大なる先輩方を短期間でぶち抜くためには,異世界から掛け値を持ってこないと勝てないと思ったからですね。

 

サッカーでいうとイブラヒモビッチがテコンドーの技術をサッカーに持ち込んだおかげで,ミートの範囲をハイキックのエリアに拡張したり,ラグビーでいうと五郎丸がサッカーで培ったキックの技術を活かすなど,異世界との掛け合わせで新世界を切り拓く,そういうことです。多分。

 

僕にとっての掛け値は「キャッチコピー」でした。これを極めている人は社内にも多くないだろうと踏んで,コピーライティングの書籍を読み漁りました。この3年間,社内では一番勉強してきた自信があります。

 

辿り着いたのが,「言われてみれば,確かにそうだ」の距離感。

 

いやそれ1冊目に読んだ谷山雅計の名著の引用じゃねーか!というツッコミが聞こえてきそうですが,ここは敢えてガン無視です。基本に忠実と言ってくれ。でも恥ずかしいぐらいインスピレーションを受けたのです。

 

これが転機。

 

強い制約

 

これは脳科学の分野なのですが,芸術的ひらめきを得るためには「制約」が必要とのことです。まさに今回がそれでした。

 

既に先輩がつくっていた英語のシリーズでは数字をつかって表記をオシャレにしていました。英語はワード数でつくれるから羨ましい,同じような数字の表記が,いや,物差しが理系にもないものか...

 

そこでひとつ心当たりがあったのが,時間。時間は受験生活で最も意識していたことだ。これはイケる!と夢中で企画書を書いたのを覚えています。

 

でもこのひらめきも,高校生活を振り返れば必然でしたね。

 

時間が無限にあったらいいのに

 

僕の受験生活はとにかく時間が足りなくて,3年の秋までサッカーの選手権で部活に没頭していたし,でも現役で大学受かんなきゃいけなかったし,なんなら3年のクラスが楽しすぎて1分1秒を友達と過ごしたかった(特にバスケ)しで,本当に時間が足りなかった。

 

「1日が30時間ぐらいあればいいのに」

 

毎日思っていました。18歳の僕は「受験生である以前に高校3年生だ」をモットーに,高校生活を謳歌した自信がありますし,なんなら10年経った今も,誇りに思っています。

 

そんな他人にとってはどーでもいいような足跡が企画の種になり,成功の確信に繋がり,熱量に変わっていくと思うと,普段の過ごし方もバカにならないね。楽しかった思い出が迷いとか不安とかを吹き飛ばして,背中をグイグイ押してくれる。

 

お酒を飲みながら色々思いついたことをつらつら書いたけど,今回の企画は個人的なターニングポイントになりそうよ。意図のある成功や失敗は,必ず糧になるからね。どうなるかはわからんけど,10年後もこのネタはたくさん話すよ。

 

というわけで,社会人になってからの3年間の集大成がどうなることやらって感じですけど,3作目も鋭意製作中なので頑張ります〜。

それでは。